森ノ宮駅・緑橋駅・東成区にある整骨院・鍼灸院による緊張型頭痛についての説明。

緊張型頭痛 | 東成区 緑橋 森ノ宮 坂本整骨院・鍼灸院

緊張型頭痛 女性

重苦しく頭を締め付けられる感じのする頭痛で、「おわんをかぶったような」とか、「ハチマキを締められたような」と表現されることもあります。

 

緊張型頭痛とは「筋の収縮」が原因で起こる筋収縮性頭痛と、「精神的な緊張」が原因で起こる緊張性頭痛の二つをまとめたものと認識されると良いです。

 

筋の収縮が原因で起こる頭痛は、純粋に姿勢の異常などによる筋肉へのストレスによって、首や頭周りの筋肉が収縮して凝り固まるため重圧感が生じてきます

 

精神的な緊張が原因で起こる頭痛は、緊張した時や身体が硬くなって上手く喋れなかったり手足が自由に思うように動かないこと、怖い時やビックリしたとき無意識に首や肩をすくめることから分かるように、精神的緊張によって頭蓋を取り巻く筋肉の持続的収縮が起きることが原因です。

 

いずれの場合も精神的・身体的ストレスが原因となり、両者ははっきりと分けられるものではなく、お互いに関連しあって頭痛を起こします。

 

鍼灸 | 東成区 緑橋 森ノ宮 坂本整骨院・鍼灸院

筋の収縮が原因で発生しているので、原因筋の緊張を解くように鍼灸を行うことは非常に有効です

 

施術直後から効果がでやすいのも緊張型頭痛の特徴と言えるでしょう。

 

緊張型頭痛で特に原因となっていることが多い筋肉
後頭下筋群(上後頭直筋、下後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)

後頭下筋群

これらの筋肉は主に頭部の位置の微調整を行っています。

 

特に目の動きと密接に関係してきます

 

例えば、パソコン作業。頭を動かさず目だけをモニターのあちこちに移す時、後頭下筋群の緊張が強くなります。
(後頭部に指をあてて、頭を動かさず目だけを左右に振ってみて下さい。奥にこの筋肉の動きを触れることができます)

 

つまりこのような作業の多い方は後頭下筋群がガチガチに緊張してきます。

 

また後頭下筋群の緊張が強くなると、その上を覆っている僧帽筋や頭半棘筋、頭板状筋等の筋肉の緊張も強くなり、うなじから肩までがパンパンに張ってきます。
後頭下筋群の周りには頭や目、耳の領域に分布する神経があるため、後頭下筋群の緊張はこれらの神経をも圧迫し頭痛や後頭部のピリピリとした痛み(後頭神経痛)、目のかすみや耳鳴りを併発することもあります

 

後頭下筋群は先にも述べた通り、僧帽筋や頭半棘筋、頭板状筋により覆われているため、表面からの施術が難しい部位です。

 

それ故、この部をダイレクトに刺激できる鍼灸施術は非常に効果的です。

 

頭痛予防に普段から施術するのも良いし、頭痛の起きている時にやるのもすごく効果的です。

交通案内 | 東成区 緑橋 森ノ宮 坂本整骨院・鍼灸院

坂本整骨院・鍼灸院
 
住   所 大阪市東成区中本1-3-25
 
                地下鉄緑橋駅2番出口より徒歩5分
                地下鉄・環状線森ノ宮駅より徒歩9分
 
電話番号 06−6974−7205
 
開院時間 午前/8:30〜12:00
       午後/15:30〜19:30
       (水・土の午後は予約施術のみ)
予約施術 13:00〜15:00
       水・土15:30〜19:30
       (予約施術は前日までに、電話予約が必要です) 
休診日   日・祝
メールでのお問い合わせ
坂本整骨院・鍼灸院外観
 

 

 


詳しい道順

SNSでも発信中 東成区坂本整骨院・鍼灸院のfacebook

page top