森ノ宮・緑橋・東成区にある坂本整骨院・鍼灸院によるテニス肘(上腕骨外側上顆炎)についての説明。

肘の外側の痛み テニス肘(上腕骨外側上顆炎) | 東成区 緑橋 森ノ宮 坂本整骨院・鍼灸院

東成区、緑橋、森ノ宮エリアにある坂本整骨院・鍼灸院の「肘の外側の痛み(テニス肘)」に対する考え。

肘痛 女性

肘の痛みを訴える方で特に多いのが肘の外側の痛み(テニス肘)です。

 

この痛みは特に手首から肘の外側についている筋肉(主に短橈側手根伸筋)が手首を反らす際や握る(グーを作る)際に働き、これらの動作を頻繁に行うと筋肉が骨への付着部を繰り返し引っ張ることとなり、その場所で炎症や筋肉の微小断裂が起こり痛みが発生します

 

発生について

テニス肘 原因

頻繁に手首を使う職業、例えばハンマーをよく打ったり、包丁で切る作業が多い、検品作業等で頻繁に手首を反らしたり、パソコン作業でキーボードを打つことが多い、タオルをよく絞る等が挙げられます。

 

日常の作業等で手首を繰り返し甲側に反らす動作で肘の外側が痛くなればこの病態が疑われます。

 

なぜテニス肘と呼ばれるの?

テニス肘 テニスプレイヤー

テニスプレイヤーに特に多いからです。と言ってしまうとそのままなのですが、アメリカの統計によると全テニス人口の約1/3がテニス肘にかかっているというデータがあるようです。(スポーツ外傷・障害Q&A 南江堂)

 

テニスでバックハンドで打つときに手首を手の甲側に反らす(手の甲側に曲げる)筋肉(主に短橈側手根伸筋)が働きます。
繰り返しこの筋肉に負担がかかると、筋肉自身の疲労や、筋肉の骨への付着部での炎症、筋肉の微小断裂、筋肉を包んでいる筋膜の損傷が起こり、手首を反らす時に肘の外側に痛みが出てきます。

 

また、バックハンドによるテニス肘ばかりではなくてフォアハンドによるテニス肘ももちろん存在します。

 

フォアハンドによるテニス肘はバックハンドによるテニス肘とは逆で、サービスなどで強力に手首を手の平側に曲げる動作等が繰り返されると、手首を曲げる筋肉は肘の内側から起こって、手首の手の平側についているため、肘の内側に痛みが発生してきます。

 

テニス肘(外側上顆炎)の検査方法

Thomsenテスト
肘を伸ばした状態で、手首を甲側に返すのに対し抵抗を加えると肘外側に痛みが誘発される。

テニス肘 トムセンテスト

 

中指伸展テスト
肘を伸ばした状態で、中指を上に反らしそれに対し抵抗を加える。そうすると肘外側に痛みが誘発される。

テニス肘 中指伸展テスト

 

チェアテスト
肘を伸ばし手の甲を上に向けたまま、椅子を持ち上げる。そうすると肘外側に痛みが誘発される。

テニス肘 チェアテスト

 

症状による重症度の目安

当院における重症度の目安です。あくまでも目安としてお考え下さい。

 

軽度:原因動作をした時だけ痛む

 

中度:原因動作終了後、しばらく痛みが続く

 

重度:原因動作終了後長いこと痛みを感じ、日常のちょっとした動作でもひびくような痛みがある。
    見た目にも腫れている。

 

テニス肘を克服するには?

テニス肘 悩む女性

原因動作を行わないことが一番です。

 

ですが原因動作が仕事であったり、スポーツ等では大切な試合前であったりすることも多いため中断というのも難しいことだと思います。

 

ご自身でできることとして、原因動作を行なった後にはアイシングをすることが良いでしょう

 

原因動作を行うとどうしても炎症が起きるのでできるだけ炎症を強く起こさせないためにアイシングは重要です(袋に氷と水を入れたものや保冷剤をハンカチで巻いた物等で15分間冷やすと良いでしょう。)

 

テニス肘のセルフストレッチ

テニス肘の状態を作る緊張状態にある筋の緊張を緩和させることはとても重要です。ここでは自宅でできるセルフストレッチをご紹介したいと思います。

 

肘の外側が痛い場合(外側上顆炎)
肘を伸ばしたまま、前腕をやや内にひねり、手首を手のひら側に曲げ20秒間伸ばします。更に指から曲げるようにするとストレッチ効果は高まります。

テニス肘 外側ストレッチ

 

肘の内側が痛い場合(内側上顆炎)
肘を伸ばしたまま、手のひらを上に向け指のあたりを持って手の甲側に返し20秒間伸ばします。

テニス肘 内側ストレッチ

 

当院では、炎症がきつい場合は超音波にて炎症を鎮めるよう施術をおこなっています。超音波施術についてはこちら⇒
テニス肘の原因動作を繰り返すことにより筋肉の緊張が強くなっているためそれらの筋肉の緊張をやわらげるためにストレッチやマッサージ、肩関節や肘関節、手関節の調整を行っていく必要があります。
また、テニス肘による筋肉のきつい緊張を解くためには、鍼灸施術は非常に有効です
鍼で皮膚内部にある緊張している筋群を優しく刺激してやることにより、筋肉の緊張を解き、緊張しているが故に血液循環が悪くなり酸素不足に陥っている筋肉の血液循環を良くしてやり、免疫細胞を活性化し疲労物質の除去を促してやることができます。鍼灸施術についてはこちら⇒

 

肘の外側の痛み・テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の症状でお悩みなら、東成区、緑橋、森ノ宮エリアにある坂本整骨院・鍼灸院にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

交通案内 | 東成区 緑橋 森ノ宮 坂本整骨院・鍼灸院

坂本整骨院・鍼灸院
 
住   所 大阪市東成区中本1-3-25
 
                地下鉄緑橋駅2番出口より徒歩5分
                地下鉄・環状線森ノ宮駅より徒歩9分
 
電話番号 06−6974−7205
 
開院時間 午前/8:30〜12:00
       午後/15:30〜19:30
       (水・土の午後は予約施術のみ)
予約施術 13:00〜15:00
       水・土15:30〜19:30
       (予約施術は前日までに、電話予約が必要です) 
休診日   日・祝
メールでのお問い合わせ
坂本整骨院・鍼灸院外観
 

 

 


詳しい道順

SNSでも発信中 東成区坂本整骨院・鍼灸院のfacebook

page top