オスグッド病
患者様患者様

先生うちの小学校4年生の息子がサッカーを頑張っているんですけど膝の下が痛くて病院で診てもらったところオスグッドだと言われました

若先生若先生

それはかわいそうに、病院ではどのような処置をしてもらったのですか?

患者様患者様

それが病院では湿布とサポーターをもらっただけで、痛ければ少し休みなさいと言われただけです。

若先生若先生

そうですか病院では骨に異常がなければ何もしないかも知れませんね。ましてや成長痛だからある程度成長して骨が固まってきたら自然と治ると言う考えがあるように思います。

患者様患者様

じゃあスポーツを休んで放っておくしかありませんか?

若先生若先生

いえ、我々は少しでも早くお子様のスポーツ復帰を目指すべく施術していきます。特に子供は筋肉の緊張が強く起きやすく大腿部の筋膜の硬さが原因で骨を強く引っ張り炎症が起こってしまうことがあります。当院ではその筋肉、特に筋膜に向けてしっかりアプローチしていきます。個人差はありますが早い子ですと1回の治療でほとんど痛みが無くなる子もいます。良かったら希望を持ってご来院下さい

オスグッドとは

太ももの大体四頭筋と言う筋肉は膝のお皿を通ってお皿の下にある脛骨粗面と言う少し骨の出っ張った場所に付着します。

オスグッド痛む場所

大腿四頭筋の付着部には走ったりジャンプしたりボールを蹴ったりするときに大体400から600キロの引っ張る力が加わると言われています。

こんなに大きな力が加わる割にはここの骨は10から15、 6歳位までは軟骨が多くて未熟で弱いのです。

この弱いところに大きな力が加わるため軟骨や骨に炎症を起こし痛みを生じます

最初のうちは痛みだけですがそのうち骨が盛り上がってくることもあります。

そうなると走ったりジャンプしたりボールを蹴る等のスポーツ動作だけでなく地面に膝をついたりする時も痛くなってきます。

オスグッド病の重症度

軽傷

朝起きた時痛いがすぐおさまる。スポーツ中は痛くないが終わってから痛い。日常生活では痛みを感じない。

中等度

スポーツ中痛いがプレーに支障ない。終わった後痛みが強い。日常生活でも痛いが支障はない。

重症

スポーツ中痛くて思い切りプレーできない。終わった後痛みがひどい、歩きにくい。日常生活が不便である、歩くとき痛みを感じる。

当院での治療

筋膜リリース(グラストンテクニック・筋膜リリース)

当院では大腿四頭筋や脛の横の前脛骨筋など関連する筋肉筋膜を緩めてやることを重点としております

特に筋肉を被っている筋膜を緩めてやると中の筋肉の伸び縮みが良くなり一気に痛みが軽減することもあります。

当院の行う筋膜リリース(グラストンテクニック・FaST)はこの筋膜を緩めると言うことにおいて絶大な威力を発揮します

筋膜リリース(グラストンテクニック・FaST)についてはこちら⇒

これらの施術を行った上で症状の重症度も見ながらスポーツを休む休まないを決めて行きます。

スポーツしながらの施術で良くなる子ももちろんいてますし重症例においてはスポーツの中断が必要になってくる場合もあります。

成長痛でいつかは治るとは言えスポーツをしているお子さんにとっては少しでも早く痛みを取りたいところ。もしお子様がオスグッドで悩んでおられるようであれば一度当院にご相談ください。

スマホ 電話ボタン
お電話でのお問い合わせ

交通案内 | 東成区 緑橋 森ノ宮 坂本整骨院・鍼灸院

メールでのお問い合わせ
坂本整骨院・鍼灸院外観
詳しい道順

坂本整骨院・鍼灸院
 
住   所 大阪市東成区中本1-3-25
地下鉄緑橋駅2番出口より徒歩5分
地下鉄・環状線森ノ宮駅より徒歩9分
 
電話番号 06-6974-7205
 
開院時間 午前/8:30~12:00 午後/15:30~19:30 (水・土の午後は予約施術のみ)
予約施術 13:00~15:00 水・土15:30~19:30 (予約施術は前日までに、電話予約が必要です) 
休診日   日・祝